世界と地域の視点で見る! 2016年 今年もよろしくお願いいたします。

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

photo by Kimie

昨年は、市議選で惜敗となりましたが、多くの皆様から温かい励ましを頂き、本当にありがとうございます。

元気になり、地域の中で、高齢者福祉や防災などの活動を続けております。

また、13年間遠ざかっていた英語の勉強を再開し、日常的に国際交流をする中で、

相互理解と世界平和の大切さを痛感しています。

福島の放射能汚染とエネルギー政策

昨年12月には、北海道がんセンターで長年放射線治療の専門家として仕事をして来られた西尾正道名誉院長のお話を聞く機会がありました。

今福島で起きている、放射能の内部被曝と子どもたちへの健康問題について深刻な指摘をされていました。

安倍首相は福島での復興は進み、地下水の放射能汚染はコントロールできていると世界にアピールしましたが、福島での除染作業の実態は、残念ながら気休めにしかなってないことも報告を聞いてよくわかりました。

私たち現代人が、豊かな生活を享受できているのは、科学技術のおかげですが、放射能汚染を除去することや核廃棄物の処理は現代の科学技術では不可能です。

今地球では気候変動が起き、洪水や台風の多発、火山活動の活発化、地震などの災害の多発など世界中が激変の時期を迎えています。

人類の力ではどうしようもないこのような状況がある中で、手に負えない原子力エネルギーに固執することは、多大なるリスクを負い、未来に禍根を残すことになりません。

利権に流される政治ではなく、知見を生かし、未来の安心をつくる政治こそが必要です。

すでに日本のある科学者は原発を廃炉にし、廃炉を活かした水素エネルギーをつくる理論研究を行っていますが、(講演会で聞いてきました。)政府が原発推進の舵取りをしているため、このような技術が日の目を見ることはなかなかできません。

2016年4月からは家庭での電力小売りの自由化となり、私たちは、消費する電力の会社などが選択できるようになります。

ぜひクリーン電力の選択をし、安心のエネルギー政策を実現するために、国民一人ひとりが行動していくことが大切だと思います。

平和憲法と世界平和

日本は平和憲法を持つ国として、中東などの地域で信頼を得てきました。(日の丸をつけた日本の石油タンカーはイラク戦争の時にも攻撃されなかったと船員の人が証言しています。)

昨年は集団的自衛権の行使容認を認める安保法制がきわめて暴力的に可決され、戦争をしない国日本を支える平和憲法がなし崩しにされようとしています。

パリやアメリカでテロが起き、テロ対策は大きな課題ですが、日本は、平和憲法を持つ国として国際理解と支援をしていくことが日本の役割だと思います。そのような役割を果たすことは、日本にとっても、世界の国々にとってもメリットがあると思います。

(日本の国にはさらに増えて1029兆円もの借金があり、支える若い世代が少ない超高齢化社会の中、医療介護などの社会保障制度の維持が困難な状況にあります。このような状況で、万が一戦争をすれば大切な若者を失うことになりますし、たとえ戦争をしなくても軍事費が拡大していけば、ただでさえ確保するがたいへんな社会保障予算も削られていくことになります。

そうなれば、福祉の充実どころではない。国は地域から崩壊していくことになるでしょう。)

本当のことを知る・歴史を知る そして、世界と地域の視点で見ることが大切

最近では、八王子でも、高齢者の方が、戦争体験を次世代に伝える活動を熱心にされています。こうしたお話を聞きながら、国家が人を殺すための戦争で、尊い命が失われるような歴史を二度と繰り返したくないと、強く思います。一人の母親としても。

アメリカは、戦争を繰り返してきた国ですが、そのアメリカでは、イラク戦争の帰還兵たちが今もなお苦しんでいます。戦地で多くの人たちを殺さなければならない過酷な任務を経験し、仲間の死を目の当たりにした兵士たちは、帰還後も、精神的に病み、社会生活を送ることもできない状況であり、それを支える家族や周辺の人たちも苦悩を抱いています。

日本では、日本が戦争をしたことも知らない若者もいます。(これは日本の教育の最大の課題だと言わざるを得ませんが。)

日本で世界で何が起きているのか、まず本当のことを知ることが大切だと思います。

そして、どういう未来をつくっていくのかを考えるために、大人も子どもも歴史をしっかりと振り返っていくことが大切だと思います。

閉塞感の強い時代だからこそ、世界と地域の視点からものを見る。 

その中で、未来の安心をつくるための価値観と政策を模索し、実現していくことが大切だと思います。

皆さんと一緒にいろいろなことを学びながら、今年も地域で元気に活動していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

創造まち未来のいきいき市民集会で演説をしました。

本日は、創造まち未来のいきいき市民集会を開催しました。

JR八王子駅北口にて、前国分寺市議会議員のかたはた智子さんと、私、若尾きみえが弁士として活動報告と今後の政策についてお話をしました。

創造まち未来 いきいき市民集会の様子

 

 

創造まち未来では、自治体の先進事例を研究し、自分たちのまちづくりに生かしていくための活動を広域で連携しながら行っています。

選挙が終わって以来、久しぶりにマイクを持ってお話する機会でした。

今回の選挙では大勢のみなさまからご支援いただいたにも関わらず、申し訳ない結果となりましたが、まちづくりをよくしていきたいという思いは変わりません。

これからも同じ思いを持つ同士とともに勉強し、地域の皆さんとともに活動を続けていきます。

ご意見などお気軽にお寄せください。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

新館清掃工場建設計画は見直し、清掃事業費の抑制で、教育、福祉予算に活用を

新館(たて)清掃事業の建て替え計画は見直しを!

現在、八王子市のごみは戸吹清掃工場と北野清掃工場、多摩ニュータウン環境組合の3清掃工場で処理されています。市は、老朽化した北野清掃工場を閉鎖し、今閉鎖している館清掃工場に新たな清掃工場を建てる計画です。(2022年稼働予定)

1.(1)かつて市財政の悪化を招いた戸吹清掃工場建設の二の舞になる!?

かつて戸吹清掃工場建設で230億円の建設資金がかかり、市税収の落ち込みと同時期になったことから清掃工場の建設が市の財政悪化の大きな要因になりました。

今、若い世代の収入減少により、市税収の確保が厳しくなっている中、多大な施設建設費とその後の維持管理費の負担による財政悪化という二の舞を踏むことは避けるべきです。

 

続きを読む

お一人様の老後を安心して生きられる医療介護保険制度の充実を

落選後の4年間、地域で高齢者福祉の活動をする中、痛感したことは、高齢化社会の課題です。

核家族化が進み、夫婦が高齢になるといずれかがお一人様の老後を迎えることになります。

しかし、これまでの介護保険制度は、家族がいることを前提とした介護保険制度で、まだまだお一人様を前提にした介護保険制度にはなっていません。

続きを読む

東北の復興を願いながら 防災を考える

東日本大震災から4年が経ちました。

今も復興が進まず、厳しい生活を送らなければならない人たちがいることを私たち首都圏に住む人間は特に忘れてはならないと思います。

東北の復興を願いながら、首都直下型地震はいつ来てもおかしくないと言われる中、命を守る防災に強いまちづくりを進めていきたいと強く思います。

 

続きを読む

東日本大震災と原発事故を振り返る  過去の教訓を生かす政治哲学を!

4年前の東日本大震災と原発事故を改めて振り返りたいと思います。

みなさんの記憶には、鮮明に残っていますか?

私は落選後、石巻市や仙台市の被災地や、土石流の被災地、広島市安佐南区にも行ってきました。
被災地の視察や地域で防災の活動をする中、減災という視点から、先人たちの知恵を学び、未来に生かすことが必要だと痛感しています。

続きを読む

若尾きみえ通信14号 被災地視察報告版をお読みください。

私は、昨年11月12日に広島市安佐南区の土石流の被災地を視察してきました。

お亡くなりになった方のご冥福と、1日も早い生活再建を心からお祈り申し上げます。

現地を歩きながら、またご遺族や被災者の方とお話をすることができ、感じること、気付かされることがたくさんある、貴重な視察となりました。

この視察体験をもとに様々考察したことをレポートに書かせていただきました。

阿武山の土石流の跡。砂防ネットが張られていたが、土石流のすさまじさを考えると気休めとの地元の声も。

どうぞホームページのバーナー若尾きみえ通信をクリックして、2015年1月1日号、被災地視察報告版のレポートをお読みください。

続きを読む

政権延命解散、政権自己都合解散!?納得がいかないの声続出 

昨日安倍首相は、衆議院を解散。12月2日公示、14日投票日となります。

なぜ今解散なのか。

このところ連日、この話になります。

昨日も、怒りの行き場がないと、嘆きの声をお聞きしました。

国のことだから若尾さんに言っても仕方ないかもしれないけど、でもあまりに腹が立つから聞いてほしいと電話がかかってきたりもします。

皆さんの声はこんな感じです。

続きを読む

まちづくり市民講座を開催 健康寿命を伸ばすには!?

9月24日、まちづくり市民講座を開催しました。

講師は、整体太極拳トレーナーの山口剛さん。

地域で健康づくりのための太極拳の教室を本業の傍ら、開いていらっしゃる方です。

今回の講座は、「平均寿命と健康寿命の差を縮めよう!~健康寿命を伸ばすには~」と題し、体を芯からほぐすストレッチの理論と実践をしながら、最後は太極拳の動作で締めを体験できる楽しい講座となりました。

今回の講師 整体太極拳トレーナー 山口剛さん

続きを読む

不戦69年の歴史を胸に刻み、未来の平和を考えたい

8月15日は終戦記念日。

戦争が終わり、長い月日が過ぎ、平和な毎日の生活が流れる中で迎えるこの終戦記念日は、これまでみなさんにとってどのようなものでしたでしょうか。

テレビの映像を見ながら、過去の惨事を一瞬振り返るものの、遠い過去の出来事として、日常の意識からは遠ざけてしまう。

終戦記念日だからといって、過去の戦争について、深く学んだり、考えたりするまでにはなかなかならないという方も多かったかもしれません。

しかし、今年の終戦記念日は、安倍政権による集団的自衛権の行使容認を決めてから初めての終戦の日でした。

これからの日本のあり方に不安を感じる方、戦争とはどのようなものなのかを語り継ぐことが大切だと考える方など、新しい動きが出てきているのではないでしょうか。

平和な国をつくっていくにはどうしたらいいのかとの思いが私自身の中でもますます強くなっています。

続きを読む