延命治療は? ~在宅診療医 松本院長のお話をお聞きしました~その2

延命治療を希望するのか、しないのか どう本人の意思を医師に伝えるのか!?

延命治療は希望しないと本人が思っていても、病院に行けば、結局、家族の意向を優先に方針が決められていくのではないか。

延命措置についてどう本人の意思を伝えられるのかは、大きな課題です。

以前、「介護の社会化を進める一万人市民委員会in八王子」で在宅診療医として活躍されている数井先生をお招きし、お話を頂いたことがあります。

お話を聞きながら、改めて本人の意思を医療関係者に伝える難しさを感じました。

「救急車を呼ぶのは、延命してほしいからでしょ。医師は患者が運ばれてくれば延命しますよ。延命してほしくないんだったら、なぜ救急車を呼ぶんですか。」

こういう話になると、それはその通りなんだなと思います。しかし、

(かかりつけの在宅診療医の先生がいて、すぐに見てくだされば別ですが、)

通常、医療の素人である家族は、緊急処置で助かるものなのか、もうだめなのかもわからないし、医師にみてもらって判断をしてもらうしかないので、救急車を呼ばざるとを得ないというのが現状ではないでしょうか。

でも、病院に運ばれても、呼吸器を付けたり、胃ろうをしたりするような延命治療を本人が望まない時は、いったいどのようにその意思を伝えたらいいのでしょうか。

少しでも長く生きていてほしいと思って、延命治療の選択をしてしまうご家族もあると思います。

しかし、ご家族だって、悩みます。

良かれと思って選択した延命治療が、本人を苦しませることになってしまったのではないかと、ずっと悔やんでいるというご家族のお話をお聞きしたこともあります。

何とか、もう少し延命治療の問題について道筋を付けられないのかと思います。

松本先生のお話で得られたヒント

今回、めじろ台安心ねっとが開催した松本先生の講演会で、延命治療とは何なのか。延命治療についての本人の意思を伝えるために、救急医療情報への記載は有効ではないのか、などお聞きしてみました。

というのも、私が活動している「めじろ台安心ねっと」では、万が一の時に備えて医療情報を医療関係者にきちんと伝えるため、

消防署にもかけあい、東京消防庁の救急活動基準の見直しや、地域への救急医療情報キットの導入を先駆的にやってきた経緯があります。

また、めじろ台安心ネットで作成した「安心ノート」にも延命治療についての希望を記入する欄を設けたりもしております。

(ただし、救急医療情報キットの項目には、延命治療についての項目は入れていません。)

一方、八王子市が市として新たに展開してきた救急医療情報の項目では、延命治療についての記載があるとのことです。

松本先生からは、延命治療については、骨折とか血が出ているとかに帯する治療や、脳梗塞などへの薬の投与などは、通常の治療の範囲でしょう。

その行為をすることで回復が見込まれると思われる治療なのか、今後も回復は厳しいと予想される中での治療なのかという辺りのお話がありました。

また、救急医療情報に書いてある延命治療についての記載事項は、本人の意思として尊重され、医療の選択に反映されているのかお聞きしたところ、

そこに書いてあるからそれが本人の意思だと受け止めて、反映してはいない。

医師は、本人の意思が直接確認できない時は、家族との相談で決めているのが、現状だということでした。

救急医療情報に記載してあっても意思が反映されない理由とは

なぜそうなるのでしょうか。

松本先生のお話では、延命治療について、国はガイドラインを作成し、一定の方針が示されて、昔のように医師が訴えられるような状況でなくなっているものの、ガイドラインはあくまでも法律ではなく、ガイドラインである。

救急医療情報に延命治療についての記載があっても、いつ判断したか、日付がきちんと書かれていない。もしかしたらずいぶん昔に判断したことで、考えが変わっているかもしれない。

本人の意思が確認できない時は、やはり家族の判断を優先するのが、現状とのことでした。

ただし、本人が、手記などいろいろとつづって、本人の意思が読み取れるようなものがあれば、医師は、裏付けとして本人の意思表示を尊重していくような流れにはなっていくだろうということもお話されていました。

松本先生のお話をお聞きして、なるほどと思いました。

確かに、本人の意思が記載されているといっても、いつ書かれたものが、はっきりしないと困る。

そして、医療を受けるサービスの受け手が、延命治療が何であるかをまだまだ十分理解でいていない可能性もあり、正確に延命治療のことを知らないかもしれないという状況で行った判断というのは、医師としてもとてもそのまま尊重できない。

かつてのような、医師が殺人罪に問われるようなことは今後はなくなっていくとは思われるが、まだまだ医師が訴えられる可能性があるという現状がある中では、医師としては、家族の意向を反映せざるを得ない現状があるということも理解できました。

本人の意思を家族にまず伝えることが大切

おりしも、私の身近でも延命治療をどうするかの判断を迫られた事例がごく最近ありました。元気でも大怪我をすれば、生死をさまようような状況に突然なります。

自分も家族も元気で怪我もしなければ、この問題は、全く関係ないで済みますが、実は、いつ誰が遭遇するかもわからない問題でもあるのです。

救急医療情報の記載事項が直接医療関係者の判断に使われなくても、もし、本人の意思を家族があらかじめ知っていれば、家族も当惑することなく、本人の意思を医師に伝えられると思います。

そういう意味から言えば、救急医療情報キットへの記載や、「安心ノート」への記載は家族とのコミュニケーションツールにもなり、決して無駄ではないと感じました。

 

 

自分らしい最期を迎えるにはどんなことが必要か!? ~在宅診療医 松本院長のお話をお聞きしました~

めじろ台安心ねっとで講演会を開催しました。

今回は、西八王子駅北口にある松本クリニック 院長 松本清彦先生を講師としてお招きし、在宅診療医の立場からお話をして頂きました。

私も司会を務めながら、「自分らしい最期を迎えるには」をテーマにお話をお聞きし、大変良い勉強をさせて頂きました。

看取りも含めた在宅療養の話は、重く感じがちですが、お話を聞いて、少し心が軽くなりました。

*めじろ台安心ねっとは、「最後まで自分らしく生きるためには」を命題に、医療介護の問題を地域の皆さんと一緒に勉強したり、高齢者の居場所、元気づくりに向けて、サロン活動を行っています。

(地域包括ケアシステムについても、情報収集や実践に向けて活動しています。)

国は、高齢者が急増する中、2025年問題を見据え、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、

可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域包括ケアシステムを進めるとしています。

かみ砕いて言えば、医療・介護の地域資源は限られている中で、高齢者が増えていくことになれば、

資源が足りない。→在宅で最期まで暮らせるシステムづくりが必要

という流れがあるということです。

医療・介護が必要になった時にも、できるだけ自宅療養をし、最期を自宅で迎えることができれば、それに越したことはないかもしれませんが、

高齢者の約8割が病院で亡くなる現状があり、自宅での看取りを人生の中で経験したことのない家族が大半という状況に加え、

一人暮らしの高齢者も増え、家族も共働きの人が増えているという中で、

どこまで在宅療養や自宅での看取りが可能なのかと、めじろ台安心ねっとのメンバーである私自身も、他のメンバーも疑問と不安を感じていました。

松本清彦院長からは、野球で言えば、病院の診療は、バッテングセンターでどの球も思い切り打ち返すような医療。

一方、在宅診療は、実際の試合のように球を見送ったりすることもある。本人、家族の状況や意向に沿って対応を臨機応変に変えられる余地があるというお話を頂きました。

また、在宅診療は、病院より安いわけではないし、例えばごみ屋敷になっているようなところで在宅療養をするのは、家族も本人も大変なので、何が何でも在宅療養がいいという訳ではないというお話もありました。

プランAがダメならプランBでいけばいい。 本人の意思と状況次第と言って下さると、家族としては、何となくほっとします。

今回、松本先生にお話をして頂くきっかけとなったのは、地域の方が、在宅診療医の松本先生のおかげで、不安なく安心して自宅で母親を看取ることができたと感激されてお話をされていたのをお聞きしたことです。

ぜひお話を聞けたらということになって、実現しためじろ台安心ねっとでの講演会でした。

松本クリニックでは、大勢の医師の方達と連携をしながら、24時間の診療体制を維持しておられるそうですが、やはり統括する院長のお立場は本当に大変のようで、

講演会の前にも看取りの患者さんの往診に行かれるというような多忙の中で、松本先生にお話をしていただいたことに、心から感謝します。

現場で活躍される医師の生のお話は、大変貴重な勉強の機会でした。

痛感!高齢者の体力・運動能力の過信はあぶない

高齢者の怪我に注意

今年の冬は、身近で怪我をする人がいて、元気な高齢者もちょっとしたこと不注意から予期せぬ事態につながることを骨身にしみて感じました。

高齢者の骨折は寝たきりや死亡につながるケースもあり、侮れません。

生活習慣病とともに、高齢者にとって命に関わることにもなりかねない怪我は本当に気を付けたいものです。

身体能力の維持をしながらも、自分の身体能力を過信しすぎないことも非常に大切だと感じています。

体力や運動能力を客観的に把握をすることも大切

病院では、健康診断で、血圧を測ったり、血液検査をしたりしますが、

体の体力や運動能力の診断については、実はやってもらえる場所は限られているのではないでしょうか。

スポーツジムに行っている人は、その点環境が整っていますが、経済的にも、時間的にもなかなかそこまでたどりつけない方も多いかと思います。

調べてみましたが、八王子市の東浅川保健福祉センターでは、年4回、体力ロコモ測定会を実施しているとのこと。

高齢者だけでなく、40代50代の方も参加可能とのことでしたが、一度の参加できるのは、50名と人数も限られています。

先日は、イーアス高尾での測定会も実施されたようですが、

もっと日常的に気軽に運動能力やロコモ度の測定ができる場があればいいなと思います。

高齢者にとって、体力や運動能力をどこまで維持できるのかは、最期まで元気にサバイバルしていくには重要です。

そして、自分の体力と運動能力を客観的に把握し、無理をしすぎないことも、怪我をしないための大切な方法だと痛感します。

これまで医療・介護の問題についていろいろと勉強をしてきましたが、怪我ということが身近に起きたリアルな体験から、気付かされること、考えさせられたことが本当に多かったです。

そして、こうした高齢者の問題は、実は40代、50代からもうすでに始まっていることが、わかってきました。40代、50代の筋力が将来、認知症や寝たきりになるかに関わっているという研究データも出てきたそうです。

まさに分かれ道は、40代、50代からできていくのですね!

 

今年も元気で!どうぞよろしくお願いいたします。

立春が過ぎました。

寒い中ですが、日差しに何となく春を予感します。この春の訪れには、新鮮な、心躍るうきうきとした喜びを感じるものです。

しかし、まだまだ強い寒波の襲来に気は抜けません。

今年の冬は連続的な寒波の訪れで、またしても八王子は大雪に見舞われました。

2回もの大雪の雪かき、お疲れ様でした。皆様、腰の方は大丈夫でしたでしょうか。

先日、お聞きした宅急便の配達の方のお話

(私が住む高齢化率40%の)めじろ台で、大雪が降った時に、雪かきがちゃんとできていて、驚いたし、うれしかった。おかげで配達がスムーズにできて本当に助かりましたというお話でした。

「高齢化しているから雪かきができない」ではなかったんですね。

みんな地域のそれぞれががんばった成果を、こんなふうに客観的に評価していただくと、なるほど、高齢化しためじろ台もまだまだ捨てたものではないなと、私もお話を聞いていてうれしくなりました。

むしろ若い人は仕事に行かなければならないので、タイミングよく雪かきをするのは難しいのかもしれませんね。

他の地域より、めじろ台がちゃんと雪かきができていたのは、高齢化した地域でリタイアした人が多いこともありますが、

数年前の大雪で懲りたのでタイミングよく雪かきをしておかないと大変なことになるという思いと、

やれるだけの肉体的精神的な力の両方があったからかなとも思います。

高齢になったから体が動かなくなる、病気になる、介護が必要になるという図式ではなく、やはり最後まで元気でいられる生活や地域づくりをみんなでしていきたいと改めて感じています。

 

超少子高齢化社会 ~地域活動から地域づくりを考える その2~

生活不活発病を防ぐには?!

高齢の男性は、多くの方が、自分で食事を作ったり、掃除洗濯をしたりという家事が苦手で奥さんにまかせっぱなしの方も多いと思います。

何もしないで、おうちにいると、生活不活発病にどうしてもなります。

奥さんが出かけようとすると、そのたびに、「どこに行くの?何時に帰ってくる?ご飯は?」と言われて。

濡れ落ち葉のようにくっついてくる旦那さんの世話に、疲れ果てている奥さんも、結構いらっしゃいますが、自分のことは自分でできれば、実は男性自身も楽しいし、世界も広がるし。自分助け、奥さん助けになります。

男女平等の視点から、男女共同参画はぜひ若いうちからやっておくべきだと思いますが、でも手遅れかもしれないけど、まだ間に合います!

食を通しての交流、情報発信は、男性にも自身の食や生活を考えるよい場になるのではないでしょうか。

奥さんが先になくなることだってあるわけですし・・・。

そして、運動も大切ですよね。女性は、男性よりも筋肉の量がもともと少ない上に、運動の習慣がない方も結構います。適度な運動の習慣のある人は、男性も女性もやはりお元気です。毎日40分の運動習慣がある人とない人では、ガン予防、認知症予防、寝たきり予防の点からも違ってくるようです。

地域でも踊りをやっている方は、お元気な方が多い気がします。グランドゴルフなどの運動もそうですが、音楽・芸能をやっている方も、活動そのもので元気になり、また、仲間づくりでも元気になりと、とても生き生きしていらっしゃるなと思います。

とにかく地域には、多種多様な方がいて、人の興味も様々、才能をお持ちの方もたくさんいらっしゃいます。

サロン活動は、多種多様なテーマからアプローチして、自分の得意分野の講師をやる人、興味を持って教わる人、双方の人を、地域から人材発掘しながら、取り組んでいけたらいいなと思います。

ただ、問題は、活動の場所。場所の確保はなかなか大変です。

私が、今後ぜひ、進められたらいいなと思う食を通した交流には、キッチンが必要です。地域の中に、キッチン付きの交流スペースがあると本当にいいなと思います。地域のカフェとのコラボも一つのやり方かもしれませんが、これからの課題かなと思います。

地域包括ケアは多世代で

~高齢者だけでなく、子ども、障がいをお持ちの方も、みんなで~

国が地域包括ケアという概念を打ち出してきてから、高齢者の地域包括ケアという言葉だけは一般的になってきました。今、地域包括ケアは、高齢者の視点から論じられることがどうしても多いのですが、地域を考えれば、世代ごとにわけていてもうまくまわっていかないと感じます。世代を超えた交流も今後の大きな課題ではないでしょうか。

今、八王子でも地域の有志の人たちが子ども食堂をやられているようです。とても素晴らしいことだと思います。

八王子市が地域包括ケアの目玉として力を入れている高齢者のサロンは、当然、高齢者の視点で進められているわけですが、今後このサロンも、一定のノウハウが見えてきたら、子どもの活動をしている方とも融合しながら、今後は、多世代交流の視点から、高齢者だけでなく、子どもも、障がいをお持ちの方もみんな集えるような方向で、進められたらと思います。

「ユニバーサルデザインで、みんなが集える場所をつくって行けばいいんだよ。」こんな言葉を最近高齢者の方からもよく聞きます。

行政も縦割りを越えて、生活実感の中から今後の制度づくりを進めていくよう、ぜひ行政に働きかけていきたいと思います。

超少子高齢化社会 ~地域活動から地域づくりを考える その1~

地域活動から痛感するもの

私は、今、オールドニュータウン、めじろ台で暮らしています。

めじろ台は、40年前に開発されたまちですが、同世代の人が一気に入居するにユータウンのまちづくりの宿命、一気にまちが高齢化するという問題に直面しています。

私は、ここ8年余り、「めじろ台安心ねっと」という地域の高齢者福祉の団体のメンバーとともに、高齢者福祉の活動をしてきました。

そして昨年は、さらに町会長も務めるなど、地域活動に取り組んできましたが、

その活動を通して、高齢化問題を骨身にしみて感じました。

町会運営やお祭りでのマンパワーの不足という問題が現実のものになってきました。

今後、団塊の世代が、後期高齢者を迎える2025年問題も間近です。

私の両親もまさに80前後の高齢者ですし、自分も年を取るわけです。

日常活動の中で、今後の日本社会の未来、地域のあり方、医療・介護の問題など、否が応でも考えざるを得ません。

まずは、高齢者の元気をつくる!

高齢者の方といろいろとおつきあいをする中で、感じるのは、一言で高齢者といっても年の取り方は、人それぞれということです。

高齢がみんな、病気だったり、介護が必要になったりしているかと言えば、そうではないわけです。

少子高齢化社会の中、いかに医療・介護の制度の社会保障を維持するのかを考えた場合、やはり高齢者の元気と健康づくりをしっかりやっていきながら、医療や介護が必要な人に必要な医療・介護サービスをしっかり届けられる体制をつくることが今後の大きな課題になってくると思います。

高齢者の就労も今後の課題

ちなみに、八王子市の平成26年データを見ると、総人口約563,000人のうち、65才以上の高齢者人口は、約13,5000人です。そのうち、就労人口65歳以上は、23,700人。

つまり高齢者でも働いている人は6人に1人は働いている計算になります。

男性が仕事を辞めたとたんに、ふぬけになって何もすることがなくなって、元気がなくなるというパターンもあります。

自分の父親を見ていて思うのですが、80才を過ぎても仕事をしている父は、なんだかんだ言っても、ありがたいことに元気で、父に仕事があってよかったなって本当に思います。

仕事大好きな人は、ずっとお仕事していてもいいわけですし、今後の高齢者は、年金の金額も少なくなっていくことを考えると、生活そのものの維持という点からも、就労は、今後の課題だと思います。

健康寿命を伸ばす地域づくりは重要

認知に課題のあるの方は、約11,500人。 介護認定を受けている方は、23,900人。

年齢が高くなれば高くなるほど、医療・介護のお世話になる方は増える傾向にあると思いますが、私が地域で活動していて感じるのは、町会や、老人会などで地域活動をしている方は、ご高齢でもお元気でいらっしゃるということです。

一方、今日、行く場所も、今日、用事もないとなると、家でお菓子を食べて、お茶を飲んで、テレビを見てと、不活発病にもなり、やはり介護のお世話に早いうちからなる傾向はどうしてもあると思います。

だから高齢者の教育と教養の場づくり(今日、行く場所と、今日、用があるところ)をつくっていくことが、ご自身の心がけとしても、地域の取り組みとしても必要だなと思います。

高齢者の居場所づくりサロンの取り組みと課題

今、私が住んでいるめじろ台や、様々な地域で、高齢者の居場所づくりとしてサロン活動などの取り組みが各地域で進められています。

高齢者の元気づくり・健康づくりにつながるサロン活動とはどうあるべきかを模索している団体も多いと思います。

サロン活動は始まった当初に比べ、定着してきたことは良かったなと思いますが、一方で、リピーターには人気でも、まだまだ利用は一部の人に限られているという悩みもあります。今後は、行政のお知らせの仕方の工夫など改善の余地があります。

サロン活動には、コミュニティカフェのサロン、音楽を聴いたりするサロン、介護予防体操などのアクティビティのサロンなどいろいろな取り組みがあると思いますが、

さらに私が今後広がっていけばいいなと思うのは、食を通しての交流の場づくりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

若尾きみえ通信16号をお読みください。

いつも若尾きみえ通信をお読みいただきありがとうございます。

読んだ方から防災問題のことが話したい。雪かきのことで話したい。

各テーマにご興味があったり、日頃からその分野での活動でご苦労をされた方が、

共感を持ってお電話をかけてきてくださったりします。

今回若尾きみえ通信16号では、高齢者福祉など福祉の問題と、ごみ清掃工場の問題をテーマに書かせていただいています。

ぜひお読みいただけるとうれしいです。若尾きみえ通信16号

明けましておめでとうございます。2015年念頭に思うこと。

今年のお正月はいかがお過ごしですか。

皆様のご健康とご多幸をお祈りします。

一年一年年を重ねながら、思うことは、健康であることの大切さ、ありがたさです。

都会にいても自然を感じ、自然の法則に沿いながら、元気に生きていけたらいいなと思います。

働くにしても、活動するにしても健康でなければ、いろいろな活動が滞ってしまいます。

続きを読む

2013年 写真で見る活動報告その2

地域の皆さんから頂いた声を京王バスにつなぎ、みなみ野大橋バス停の設置が実現しました。近隣、地域の皆様のご意見ご協力、ありがとうございました。

みなみ野大橋バス停の設置が実現しました。

歴史・文化・自然を生かしたまちづくりを進めるため、八王子の地域のお宝探しをしています。
八王子のまちの基礎をつくった大久保長安のことについても皆さんと一緒に勉強しています。

大久保長安400年記念シンポジウムに参加

続きを読む

社会保障を考える その3 ~社会保障セミナーに参加して 地域包括ケアと医療のあり方は!?~

11月の「地方から考える社会保障フォーラム」セミナーでは、厚生労働省のる室長、課長を講師にお話をお聞きすることができました。

国が考える「地域包括ケア」とは!?

高齢者の介護をめぐって厚生労働省は、「地域包括ケア」の構想を出しています。 続きを読む