超少子高齢化社会 ~地域活動から地域づくりを考える その1~

地域活動から痛感するもの

私は、今、オールドニュータウン、めじろ台で暮らしています。

めじろ台は、40年前に開発されたまちですが、同世代の人が一気に入居するにユータウンのまちづくりの宿命、一気にまちが高齢化するという問題に直面しています。

私は、ここ8年余り、「めじろ台安心ねっと」という地域の高齢者福祉の団体のメンバーとともに、高齢者福祉の活動をしてきました。

そして昨年は、さらに町会長も務めるなど、地域活動に取り組んできましたが、

その活動を通して、高齢化問題を骨身にしみて感じました。

町会運営やお祭りでのマンパワーの不足という問題が現実のものになってきました。

今後、団塊の世代が、後期高齢者を迎える2025年問題も間近です。

私の両親もまさに80前後の高齢者ですし、自分も年を取るわけです。

日常活動の中で、今後の日本社会の未来、地域のあり方、医療・介護の問題など、否が応でも考えざるを得ません。

まずは、高齢者の元気をつくる!

高齢者の方といろいろとおつきあいをする中で、感じるのは、一言で高齢者といっても年の取り方は、人それぞれということです。

高齢がみんな、病気だったり、介護が必要になったりしているかと言えば、そうではないわけです。

少子高齢化社会の中、いかに医療・介護の制度の社会保障を維持するのかを考えた場合、やはり高齢者の元気と健康づくりをしっかりやっていきながら、医療や介護が必要な人に必要な医療・介護サービスをしっかり届けられる体制をつくることが今後の大きな課題になってくると思います。

高齢者の就労も今後の課題

ちなみに、八王子市の平成26年データを見ると、総人口約563,000人のうち、65才以上の高齢者人口は、約13,5000人です。そのうち、就労人口65歳以上は、23,700人。

つまり高齢者でも働いている人は6人に1人は働いている計算になります。

男性が仕事を辞めたとたんに、ふぬけになって何もすることがなくなって、元気がなくなるというパターンもあります。

自分の父親を見ていて思うのですが、80才を過ぎても仕事をしている父は、なんだかんだ言っても、ありがたいことに元気で、父に仕事があってよかったなって本当に思います。

仕事大好きな人は、ずっとお仕事していてもいいわけですし、今後の高齢者は、年金の金額も少なくなっていくことを考えると、生活そのものの維持という点からも、就労は、今後の課題だと思います。

健康寿命を伸ばす地域づくりは重要

認知に課題のあるの方は、約11,500人。 介護認定を受けている方は、23,900人。

年齢が高くなれば高くなるほど、医療・介護のお世話になる方は増える傾向にあると思いますが、私が地域で活動していて感じるのは、町会や、老人会などで地域活動をしている方は、ご高齢でもお元気でいらっしゃるということです。

一方、今日、行く場所も、今日、用事もないとなると、家でお菓子を食べて、お茶を飲んで、テレビを見てと、不活発病にもなり、やはり介護のお世話に早いうちからなる傾向はどうしてもあると思います。

だから高齢者の教育と教養の場づくり(今日、行く場所と、今日、用があるところ)をつくっていくことが、ご自身の心がけとしても、地域の取り組みとしても必要だなと思います。

高齢者の居場所づくりサロンの取り組みと課題

今、私が住んでいるめじろ台や、様々な地域で、高齢者の居場所づくりとしてサロン活動などの取り組みが各地域で進められています。

高齢者の元気づくり・健康づくりにつながるサロン活動とはどうあるべきかを模索している団体も多いと思います。

サロン活動は始まった当初に比べ、定着してきたことは良かったなと思いますが、一方で、リピーターには人気でも、まだまだ利用は一部の人に限られているという悩みもあります。今後は、行政のお知らせの仕方の工夫など改善の余地があります。

サロン活動には、コミュニティカフェのサロン、音楽を聴いたりするサロン、介護予防体操などのアクティビティのサロンなどいろいろな取り組みがあると思いますが、

さらに私が今後広がっていけばいいなと思うのは、食を通しての交流の場づくりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

創造まち未来のいきいき市民集会で演説をしました。

本日は、創造まち未来のいきいき市民集会を開催しました。

JR八王子駅北口にて、前国分寺市議会議員のかたはた智子さんと、私、若尾きみえが弁士として活動報告と今後の政策についてお話をしました。

創造まち未来 いきいき市民集会の様子

 

 

創造まち未来では、自治体の先進事例を研究し、自分たちのまちづくりに生かしていくための活動を広域で連携しながら行っています。

選挙が終わって以来、久しぶりにマイクを持ってお話する機会でした。

今回の選挙では大勢のみなさまからご支援いただいたにも関わらず、申し訳ない結果となりましたが、まちづくりをよくしていきたいという思いは変わりません。

これからも同じ思いを持つ同士とともに勉強し、地域の皆さんとともに活動を続けていきます。

ご意見などお気軽にお寄せください。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ごみ行政は広域行政の視点で!~ごみの量と処理機能の現状から見れば、新清掃工場の建設は明らかに不要!~

八王子市は北野清掃工場閉鎖後、新館清掃工場建設を計画していますが、ごみ処理の現状はどうなっていのでしょうか。

市からヒアリングした数字をみてみたいと思います。

 

続きを読む

新館清掃工場建設計画は見直し、清掃事業費の抑制で、教育、福祉予算に活用を

新館(たて)清掃事業の建て替え計画は見直しを!

現在、八王子市のごみは戸吹清掃工場と北野清掃工場、多摩ニュータウン環境組合の3清掃工場で処理されています。市は、老朽化した北野清掃工場を閉鎖し、今閉鎖している館清掃工場に新たな清掃工場を建てる計画です。(2022年稼働予定)

1.(1)かつて市財政の悪化を招いた戸吹清掃工場建設の二の舞になる!?

かつて戸吹清掃工場建設で230億円の建設資金がかかり、市税収の落ち込みと同時期になったことから清掃工場の建設が市の財政悪化の大きな要因になりました。

今、若い世代の収入減少により、市税収の確保が厳しくなっている中、多大な施設建設費とその後の維持管理費の負担による財政悪化という二の舞を踏むことは避けるべきです。

 

続きを読む

お一人様の老後を安心して生きられる医療介護保険制度の充実を

落選後の4年間、地域で高齢者福祉の活動をする中、痛感したことは、高齢化社会の課題です。

核家族化が進み、夫婦が高齢になるといずれかがお一人様の老後を迎えることになります。

しかし、これまでの介護保険制度は、家族がいることを前提とした介護保険制度で、まだまだお一人様を前提にした介護保険制度にはなっていません。

続きを読む

東北の復興を願いながら 防災を考える

東日本大震災から4年が経ちました。

今も復興が進まず、厳しい生活を送らなければならない人たちがいることを私たち首都圏に住む人間は特に忘れてはならないと思います。

東北の復興を願いながら、首都直下型地震はいつ来てもおかしくないと言われる中、命を守る防災に強いまちづくりを進めていきたいと強く思います。

 

続きを読む

地域のイベントを通してこれからのまちづくりを考える

2月はお餅つきのシーズン。

散田東町会や中散田町会のお餅つきなど、地域のイベントに参加させていただきました。

中散田町のお餅つきの風景 子ども連れも多かったです。皆さん喜んでいました。

また東浅川町の三田町会の皆さんが中心に維持していらっしゃる稲荷祭にも参加させていただきました。

東浅川町の十二社の稲荷祭 三田町会の方たちが地域の神社としてお奉りしています。

改めて感じるのは、こうしたお餅つきや神社で行われている伝統行事が取り持つ人の輪やつながりです。

続きを読む

除雪機をみんなで見学しました。

今年は、雪は降るのでしょうか!?地域の方と雪の話をよくします。

今年の雪は今のところ、少しだけで良かったですね。でもまだまだ寒さは続きます。

油断大敵。地域の町会でも除雪のしくみづくりについて関心が高まっています。

今回は、町会の関係者で家庭用除雪機をみんなで見て来ました。

万葉公園で除雪機の見学。試運転なので煙りが出ていますが、しばらく経つと大丈夫です。

続きを読む

広島市安佐南区八木町、被災地視察エピソード~ご協力いただいた方、ご縁と運に感謝して~

思わぬ助っ人が視察をサポートしてくださる!

11月12日に広島市安佐南区の被災地を視察するにあたってはいろいろな方のご協力、そしてご縁と運があり、偶然にもとても充実した視察をすることができました。本当に感謝します。

その感謝の気持ちを込めてエピソードを紹介させていただきます。

今回の視察では、現地を歩きながら、ご遺族や被災者の方とお話をすることができ、感じること、気付かされることがたくさんある、貴重な視察となりました。

広島市安佐南区梅林駅前にて

 

続きを読む

若尾きみえ通信14号 被災地視察報告版をお読みください。

私は、昨年11月12日に広島市安佐南区の土石流の被災地を視察してきました。

お亡くなりになった方のご冥福と、1日も早い生活再建を心からお祈り申し上げます。

現地を歩きながら、またご遺族や被災者の方とお話をすることができ、感じること、気付かされることがたくさんある、貴重な視察となりました。

この視察体験をもとに様々考察したことをレポートに書かせていただきました。

阿武山の土石流の跡。砂防ネットが張られていたが、土石流のすさまじさを考えると気休めとの地元の声も。

どうぞホームページのバーナー若尾きみえ通信をクリックして、2015年1月1日号、被災地視察報告版のレポートをお読みください。

続きを読む