これからの自治体の行方 八王子の未来

新しい時代の新しいまちづくりを

令和という元号が決まりました。

みなさんは、これからどんな時代にしていきたいですか。

私は、新しい時代の新しいまちづくりと行政をつくっていきたいと思っています。

なぜ今まちづくりなのか

これまで、市民の皆さんの関心事は、いったいどんな行政サービスを受けられるのか。

まさに何をしてもらえるのか。助けてもらえるのかがだったかもしれません。

まちづくりといってもピンと来ない方も多かったと思います。

しかし、今や、日本は超高齢化・人口減少社会の中で、まちの景色そのものが大きく変わろうとしています。

空き家が目立ち始めた高齢化した地域の課題

私は、高齢化率40%の地域に住み、高齢者福祉の活動をしてきました。

50年前につくられたまちが、年数が経つと住む人も高齢化し、またまちの建物も古くなり、空き家も目立ち始めます。

地域をくまなく見てみると、空き家問題がどんどん深刻になっている地域と、世代交代がうまくいって、一気に活気が出てきている地域と同じように開発されたところでも、それぞれ特性が出てきています。

高齢になればいつかはお亡くなりになり、住んでいた空き家をどう処分するのかが問われる訳ですが。

以前であれば、財産として家をもらいたい。

残った家が相続のトラブルの原因になったりすることもかつてはあったと思います。

もちろん今も相続のトラブルはあると思いますが、

むしろ、今は逆で家を相続したのはいいけれど、住む家はあるし、もらっても管理がしきれないし。

もらわない方がいい。何にもない方が気楽だと思い始めている人もいます。

管理しなければならない空き家があれば、余分な手間がかかり、注意が必要。

でも相続してしまったとき、ちゃんと管理できないので、ほったらかし。

地域の住民は、管理されていない空き家に悩まされ、固定資産税は、空き家になったとたんに、6分の1減免になる。市税収は減るわけです。

全国の空き家の状況は?

野村総合研究所が発表した情報では、

2018~2033年の空き家数・空き家率は、既存住宅の除却や、住宅用途以外への有効活用が進まなければ、

2013年の820万戸・13.5%から、2033年に1955万戸・27.3%へと、いずれも上昇する見込みだそうです。

4人に一人が高齢者の時代から2024年には、3人に一人が65才以上の高齢者の時代に。

そして、空き家はこのまま何もしなければ4件に1件が空き家。

高齢者が4人に1人の時代が3人に1人の時代へのインパクトと、

空き家が4軒に1件が空き家のインパクトは全く違います。

人は、80才になっても90才になっても、中には100才になってもお元気で輝いている人もいて、みんなが元気でいられれば、高齢になることは決してマイナス要素では

ないと思います。

逆に、高齢になって、何もしないで、おうちでじっと暮らしていると病気になって、こうなると高齢になることには大きなリスクがあると思いますが。

空き家を放置すれば、景観もそうですが、防犯、防災上のリスク、また地域の資産価値の低下、市の固定資産税の減収など、ほおっておけば、空き家の負の側面はどんどん大きくなっていきます。

今こそ、まちづくりが大切

高齢化社会・人口減少社会とセットになっている空き家問題。

自治体で対策が進んでいないところが多い中、八王子は空き家の管理条例はできましたが、これでは十分ではありません。

空き家条例の改正を

地域の方が空き家問題で不安になったり、悩まされたりするのは、空き家の管理が悪いからばかりではありません。空き家の樹木が大暴れして、その木が道路にせり出し、その落ち葉の掃除をせざるを得ない。

道路の通行の妨げにもなります。

毎日、毎日のことなので、空き家って、こうなんだよねって、余計ため息が出てしまうわけです。

ある高齢者の方は、体の調子はあまりよくないけど、がんばって空き家がある近所の道路の落ち葉を掃除していたら、ふらついて落ち葉ですべって、なんと手を骨折してしまったとか。

踏んだり蹴ったりとはこのことと、嘆いていました。

高齢になっての暮らしに不安を感じながら、空き家が増えると余計に不安が増す。

こんなお話をたくさん聞いてきました。

空き家は若者の住宅支援に

空き家対策は、管理の悪い空き家を増やさない

だけでなく、空き家そのものを増やさないというとりくみが 必要です。

壊して新しい家を建ててもらうのか。

それとも、誰か他の人に住んでもらうのか。

私は空き家は若い人達の住宅支援に使っていく。あるいは地域の交流拠点などに活用していくなど、地域資源としてしっかり活用していくのがいいと思っています。

空き家になれば、たとえば、12万円年間固定資産税を支払っていたものが、6分の一減免になり、市税収は、2万円になるわけです。

一方で、別の場所では相続の対象になった土地が売られ、そこに家が建ち並ぶ。

こんなまちづくりでいいのでしょうか。

利便性の良いところでは空き家の廃墟をうみながら、緑豊かな地域で、畑が宅地化し、農地が減る。

これでは、農業の維持も難しいわけです。私たちは、食べ物を食べで生きているのですが、この食べ物の生産現場がなくなっても平気な現代人って、何なのかなって。

やっぱり、農業のことにしても本当に考え直さなければならない時期に来ていると思います。

そして、空き家問題。空き家率が27.3%になってしまう前に。

頭を抱えてしまう前に、悪循環から脱して、安心好循環のまちづくりにしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

「今海で何が起きているのか? ~マイクロプラスチックと海洋汚染の問題~」

21世紀には、プラステックの生産が激増しました。

プラスチックは大変便利で、私たちの生活には欠かせない存在です。しかし、生活で大量に使われたプラステックが海に流れ出し、マイクロプラスチックとなって、海の汚染を引き起こす環境問題が今、急浮上しています。

最近、マスコミがこの問題を取り上げるようになり、海の生態系への影響や私たちの食卓に上がる魚介類の汚染を心配する声も聞かれるようになりました。

今後、私たちは、プラスチックとどのように付き合っていけばいいのでしょうか。私たちにとって、プラスチックは身近な素材ですが、その性質については知っているようで知らないという方も多いと思います。

今回のまちづくり市民講座では、プラスチックの研究を長年してこられた東京海洋大学名誉教授 兼廣春之氏を講師にお招きし、お話をお聞きします。

海の環境汚染の現状をまず知り、プラステック問題解決に向けて対策はあるのか、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

ご参加お待ちしています。

 

日時:12月9日(日)14:00~16:00

場所:八王子市由井市民センター 調理室

八王子市片倉町702−1   Tel 042-635-8028

       講師:東京海洋大学名誉教授 兼廣春之氏 

参加費:300円 (資料代)

*申込先: info88@wakaokimie.jp

          Tel/Fax 042-668-1020

お知らせのチラシは下記をクリックしてください。

まちづくり市民講座「マイクロプラスチックと海洋汚染」お知らせ

 

断捨離から見えてきた!次の時代を拓く文化は?

断捨離に取り組んで

2015年の選挙で負けて以来、自分はどう生きるのかいろいろと模索をしてきました。

とにかく今あるその場所ででくる最大限を尽くすしかない。 私に何ができるのか。

そこで考えたのは、家事のスキルを高め、家族が暮らしやすい環境をつくるということでした。

私は主婦ですが、暇だと思ったことがないほど、いろいろな地域活動をいろいろとしているので、お客様にいつでも来てもらえる家にしておきたい。そして、家事が楽にできて、書類がすっきり片付いた家にしたい。そう思い、断捨離をさらに極めたいと思いました。

断捨離の本を買い、それをバイブルとして読みながら、家中の断捨離をやってきました。 片付け講座を勉強しに行き、二級免許も頂くくらい、研究もしました。

おかげでだいぶんすっきりしました。

家の中に入れられる物の総量は決まっている。不要な物は処分し、ゆとりを持った収納をし、必ず使ったら片付ける。 これを繰り返せば家はすっきりします。

でもなかなか完璧にはできなくて、日々精進が必要です。

なかでも大変なのが、書類と本の処分です。

書類は処分しても処分しても毎日、毎日増える。もぐらたたき状態ですが、とにかく毎日15分処分する時間を作って片付けるしかなと毎日実践しています。

本の断捨離は、難航していて、もう少し、がんばりが必要です。

本は読みたい。でも、増える一方だと総量オーバーになるので、図書館を活用することにしました。

断捨離は、自分にとって大切なものは何かを見極める儀式でもあります。すっきりすれば自分も家族も気分がよくなってゆとりができますし、台所がきれいだと子どももお料理したくなったり、家族みんなで片付けをやれるようになって、みんなで家をきれいにしていこうという雰囲気ができてきます。

自分と家族の暮らしの質を上げるために、ぜひ断捨離はお勧めです。

断捨離の効果~片付け講座でごみ減量は有効!~

断捨離を何度もやっていると、物を処分する辛さが身にしみて、確かに物はむやみやたらには増えないようになります。何かを処分しなければ買わない。収納場所が決まらなければ買わないということを頭の中で反芻するようになるからです。

私は、片付け講座をやればごみ減量につながるという仮説を立ててきましたが、自分自身の実践から、仮説は正しかったと思います。

断捨離をすれば、不要品をリサイクルショップに出すのも日常的になり、リサイクルショップを活用すれば、不要品を誰かが使ってくれるし、自分も使うことになるので、不要品が即ごみではなく、再利用できることになります。

片付け講座を受けないまでも、断捨離を実践することは、暮らしやい環境をつくり、人生が前向きになれる。しかもごみ減量になりますので、多くの方にやっていただけたらいいなと思います。

片付けで悩む家庭が増える

しかし、多くの家庭では、物が処分できない、片付かない。深刻な片付けの悩みが進行中の家もあります。

しかもこの問題は、親と子世代間の仲を悪くするような大問題になっているご家庭もあります。

親が片付けられなくて、リフォームの時に物の移転と保管で100万円もの莫大な金額がかかった。親の死後、何年も家が片付かなくて本当に困った。事業者にお願いしたら莫大な費用がかかった。最近ではこんな話をよく聞きます。

こんな時は、一人で悩まず、重症になる前に、一度片付けのプロの支援を受けることも、必要なのかなと思います。

日本人が片付け下手な理由は?

それにしてもなぜ日本の家庭はこのように物にあふれ、片付けに悩むようになったのでしょうか。

かつて、日本の家庭にはそれほど物はなく、ものを大切にする精神があったと思います。 でも逆に言えば、物を管理すること、処分することには慣れていなかった。 しかし、戦後家電製品の登場で、どんどん便利な物が増え、便利さを得るために物を買うことが習慣になりました。

物がなかった時代から、物が人の暮らしを便利にしてくれる時代になり、人々は物を買うことで豊かさを実感し、ものづくり産業は、大きく発展し、確かに私たちを豊かにしてくれました。

でも、今は家電製品以外にも、いろんな物があふれて、物で暮らしのスペースが狭くなり、多くの物の中で必要なものが見つかれず、探して見つからなくて、また買ってまた増えてと悪循環になっている人も結構います。

そして、万が一の時の地震では物の下敷きになってしまうくらい物があったとしたら、物のせいで命を落としたり、物が私たちの生活時間をうばっているとしたら、本末転倒ですよね。

そう考えると、今の暮らしもそろそろ見直した方がいいのではないかなと、本当に思います。

拡大生産者責任を強化してほしい

企業は製品開発に熱心ですが、自社の製品の廃棄の仕方にまでは多くが手が回っていません。廃棄する家電は自治体が処分しているので、企業は売るだけ売って、売り逃げ状態というのが、今の法制度です。

いまやものづくりも架橋に来ています。 経済を回すために、ものづくりをし、それを買わないと経済が回らない。作っては売り、ごみを出しと環境問題が今の経済活動にはついてまわります。

一方で、物を大切にする日本人は、そうやたらに捨てられない。これを捨てたらどう処分されるのかな。きちんとリサイクルされたり、環境に配慮された処分のされ方をするのか確信がないので、とりあえず、壊れた家電製品でも家に置いておくという行動を取ってしまう人も実際たくさんいらっしゃると思います。

片付けの視点から見ると意味がないことですが、その気持ちは本当によくわかります。 これは消費者の問題ではなく、生産者の問題です。 製品を買ってほしいというのなら、廃棄したらどうなるかもちゃんと研究して環境への配慮をぜひしてほしいと思います。

そういう意味で物作りの動脈産業だけでなく、製品の廃棄後、資源を活かすためにの静脈産業の部分を充実していくことが大切だと感じます。

次の時代を拓く文化は?

こともあろうに文科省は、大学の文系研究と教育を軽視し、理系に重点を置く大学改革を進めようとしました。 これに対し、日本学術会議は文科省に見直しを求め、文系切り捨ての方針は転換されたようですが、文化、歴史を切り捨て、科学技術のみを強化しても、日本の明るい未来はありません。

どのような文化文明を醸成していくのか、この哲学なくして、新しい時代を切り拓くことはできない。テクノロジーやものづくりはあくまでも人々の暮らしのお伴でなければならないと思います。

使い捨てなど、物を大量に消費する文化から、いいものを厳選して使ったり、リユースする文化に転換し、農業や食を大切にし、人と人がコミュニケーションすること、文化・芸術を楽しむ暮らしや社会を創っていくことが、これからは大切ではないかなと思います。

世界と地域の視点で見る! 2016年 今年もよろしくお願いいたします。

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

photo by Kimie

昨年は、市議選で惜敗となりましたが、多くの皆様から温かい励ましを頂き、本当にありがとうございます。

元気になり、地域の中で、高齢者福祉や防災などの活動を続けております。

また、13年間遠ざかっていた英語の勉強を再開し、日常的に国際交流をする中で、

相互理解と世界平和の大切さを痛感しています。

福島の放射能汚染とエネルギー政策

昨年12月には、北海道がんセンターで長年放射線治療の専門家として仕事をして来られた西尾正道名誉院長のお話を聞く機会がありました。

今福島で起きている、放射能の内部被曝と子どもたちへの健康問題について深刻な指摘をされていました。

安倍首相は福島での復興は進み、地下水の放射能汚染はコントロールできていると世界にアピールしましたが、福島での除染作業の実態は、残念ながら気休めにしかなってないことも報告を聞いてよくわかりました。

私たち現代人が、豊かな生活を享受できているのは、科学技術のおかげですが、放射能汚染を除去することや核廃棄物の処理は現代の科学技術では不可能です。

今地球では気候変動が起き、洪水や台風の多発、火山活動の活発化、地震などの災害の多発など世界中が激変の時期を迎えています。

人類の力ではどうしようもないこのような状況がある中で、手に負えない原子力エネルギーに固執することは、多大なるリスクを負い、未来に禍根を残すことになりません。

利権に流される政治ではなく、知見を生かし、未来の安心をつくる政治こそが必要です。

すでに日本のある科学者は原発を廃炉にし、廃炉を活かした水素エネルギーをつくる理論研究を行っていますが、(講演会で聞いてきました。)政府が原発推進の舵取りをしているため、このような技術が日の目を見ることはなかなかできません。

2016年4月からは家庭での電力小売りの自由化となり、私たちは、消費する電力の会社などが選択できるようになります。

ぜひクリーン電力の選択をし、安心のエネルギー政策を実現するために、国民一人ひとりが行動していくことが大切だと思います。

平和憲法と世界平和

日本は平和憲法を持つ国として、中東などの地域で信頼を得てきました。(日の丸をつけた日本の石油タンカーはイラク戦争の時にも攻撃されなかったと船員の人が証言しています。)

昨年は集団的自衛権の行使容認を認める安保法制がきわめて暴力的に可決され、戦争をしない国日本を支える平和憲法がなし崩しにされようとしています。

パリやアメリカでテロが起き、テロ対策は大きな課題ですが、日本は、平和憲法を持つ国として国際理解と支援をしていくことが日本の役割だと思います。そのような役割を果たすことは、日本にとっても、世界の国々にとってもメリットがあると思います。

(日本の国にはさらに増えて1029兆円もの借金があり、支える若い世代が少ない超高齢化社会の中、医療介護などの社会保障制度の維持が困難な状況にあります。このような状況で、万が一戦争をすれば大切な若者を失うことになりますし、たとえ戦争をしなくても軍事費が拡大していけば、ただでさえ確保するがたいへんな社会保障予算も削られていくことになります。

そうなれば、福祉の充実どころではない。国は地域から崩壊していくことになるでしょう。)

本当のことを知る・歴史を知る そして、世界と地域の視点で見ることが大切

最近では、八王子でも、高齢者の方が、戦争体験を次世代に伝える活動を熱心にされています。こうしたお話を聞きながら、国家が人を殺すための戦争で、尊い命が失われるような歴史を二度と繰り返したくないと、強く思います。一人の母親としても。

アメリカは、戦争を繰り返してきた国ですが、そのアメリカでは、イラク戦争の帰還兵たちが今もなお苦しんでいます。戦地で多くの人たちを殺さなければならない過酷な任務を経験し、仲間の死を目の当たりにした兵士たちは、帰還後も、精神的に病み、社会生活を送ることもできない状況であり、それを支える家族や周辺の人たちも苦悩を抱いています。

日本では、日本が戦争をしたことも知らない若者もいます。(これは日本の教育の最大の課題だと言わざるを得ませんが。)

日本で世界で何が起きているのか、まず本当のことを知ることが大切だと思います。

そして、どういう未来をつくっていくのかを考えるために、大人も子どもも歴史をしっかりと振り返っていくことが大切だと思います。

閉塞感の強い時代だからこそ、世界と地域の視点からものを見る。 

その中で、未来の安心をつくるための価値観と政策を模索し、実現していくことが大切だと思います。

皆さんと一緒にいろいろなことを学びながら、今年も地域で元気に活動していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

若尾きみえ通信16号をお読みください。

いつも若尾きみえ通信をお読みいただきありがとうございます。

読んだ方から防災問題のことが話したい。雪かきのことで話したい。

各テーマにご興味があったり、日頃からその分野での活動でご苦労をされた方が、

共感を持ってお電話をかけてきてくださったりします。

今回若尾きみえ通信16号では、高齢者福祉など福祉の問題と、ごみ清掃工場の問題をテーマに書かせていただいています。

ぜひお読みいただけるとうれしいです。若尾きみえ通信16号

ごみ行政は広域行政の視点で!~ごみの量と処理機能の現状から見れば、新清掃工場の建設は明らかに不要!~

八王子市は北野清掃工場閉鎖後、新館清掃工場建設を計画していますが、ごみ処理の現状はどうなっていのでしょうか。

市からヒアリングした数字をみてみたいと思います。

 

続きを読む

新館清掃工場建設計画は見直し、清掃事業費の抑制で、教育、福祉予算に活用を

新館(たて)清掃事業の建て替え計画は見直しを!

現在、八王子市のごみは戸吹清掃工場と北野清掃工場、多摩ニュータウン環境組合の3清掃工場で処理されています。市は、老朽化した北野清掃工場を閉鎖し、今閉鎖している館清掃工場に新たな清掃工場を建てる計画です。(2022年稼働予定)

1.(1)かつて市財政の悪化を招いた戸吹清掃工場建設の二の舞になる!?

かつて戸吹清掃工場建設で230億円の建設資金がかかり、市税収の落ち込みと同時期になったことから清掃工場の建設が市の財政悪化の大きな要因になりました。

今、若い世代の収入減少により、市税収の確保が厳しくなっている中、多大な施設建設費とその後の維持管理費の負担による財政悪化という二の舞を踏むことは避けるべきです。

 

続きを読む

東日本大震災と原発事故を振り返る  過去の教訓を生かす政治哲学を!

4年前の東日本大震災と原発事故を改めて振り返りたいと思います。

みなさんの記憶には、鮮明に残っていますか?

私は落選後、石巻市や仙台市の被災地や、土石流の被災地、広島市安佐南区にも行ってきました。
被災地の視察や地域で防災の活動をする中、減災という視点から、先人たちの知恵を学び、未来に生かすことが必要だと痛感しています。

続きを読む

広島市安佐南区八木町、被災地視察エピソード~ご協力いただいた方、ご縁と運に感謝して~

思わぬ助っ人が視察をサポートしてくださる!

11月12日に広島市安佐南区の被災地を視察するにあたってはいろいろな方のご協力、そしてご縁と運があり、偶然にもとても充実した視察をすることができました。本当に感謝します。

その感謝の気持ちを込めてエピソードを紹介させていただきます。

今回の視察では、現地を歩きながら、ご遺族や被災者の方とお話をすることができ、感じること、気付かされることがたくさんある、貴重な視察となりました。

広島市安佐南区梅林駅前にて

 

続きを読む

孫子につなぐ食の安心・安全とは?その1~農薬ネオニコチノイドの使用規制を!~

10月14日、まちづくり市民講座を開催しました。

講師は、元オレンジページ編集長の唐沢耕さんです。

唐沢さんは、食生活ジャーナリストであり、自らも農業にも携わっていらっしゃいます。また食と健康についてもいろいろと研究考察をされてきました。
今回の講座では、唐沢さんに、「孫子につなぐ食の安心・安全」と題し、食の安全について、農業や食育の現場から見てきた課題についてわかりやすくお話しをしていただきました。

唐沢耕さんを講師に食の安全・安心についてのお話をしていただきました。

続きを読む