八王子市防災計画の見直しに向けて パブリックコメントを出しませんか!

東日本大震災から2年半余りが経過しました。

国や東京都は震災後被害想定を見直し、それにともなって八王子市でも地域防災計画の見直しを進めています。

今回、八王子市地域防災計画素案がまとめられ、市民に対しても意見を求めるパブリックコメントを募集しています。ぜひこの防災計画の素案をご覧頂いて、ご意見を出していただけたらと思います。

素案は、市民センターで閲覧できますし、市のホームページでも見ることができます

(締め切りは10月15日)

今回の防災計画では、被害想定の見直しが行われ、八王子市に最も大きな被害を及ぼす「多摩直下地震」を想定、さらに本市で震度7の揺れの範囲が最も広い「立川断層地帯」も考慮しています。

多摩直下地震(M7.3)が起きた場合、

八王子市では、震度7→0.2% 震度6強→40.1% 震度6弱→20.3% と予想され、

そして、その結果最大死者9700人、避難者339万人、帰宅困難者約517万人が想定されています。

そして、立川断層地震(M7.4)では、

震度7→1.7%  震度6強→26.9% 震度6弱→28.2% との想定がされています。

 

また多摩直下地震による八王子市の被害想定は

死者477人、負傷者6363人

建物被害は全壊は7006棟、火災は倒壊建物を含むと6599棟

避難者人口128,646人、避難生活者数83,620人 疎開者人口6,311人 滞留者数は、489,631人、 徒歩帰宅困難者は、146,971人というふうに想定されています。

大きな数字を言われても、イメージできるようなできないような感じがしますが、

これをたとえば、自分の地域に置き換えて考えると、

255,475世帯のうち、7006棟が全壊し、6599棟が火災で焼失すると考えると、

3800世帯のめじろ台では、単純計算して104棟が全壊する計算になります。

もちろん二世帯住宅もあるので、厳密に言えば違うと思いますが、

具体的にイメージしてみると、思ったよりも多い感じがします。

まず自分の家を全壊にしないこと。家具の転倒防止策など家庭内での取り組みをして、地震で怪我をしない、自分の命を守ること。火事を出さないこと。

そして、怪我をしないで生き残れたら、周りの人たちで助けを求めている人を助ける。

怪我をしている人の応急手当をする。病院へ運ぶ。

そして、備蓄品を活用しながら、できるだけ自分の家でサバイバル生活をする。

もし万が一自宅が倒壊して住めなくなったときには、避難所に行く。

一つ一つ自分の生活に引き寄せて考えていくと、何が必要で、何が足りないのか、見えてくるのではないでしょうか。

先日は、八王子市地域腎友会の会で人口透析を受けている方の当事者の生の声をお聞きしました。人工透析は週三回何があっても命綱で欠かせないそうですが、震災が起きた時は、

一体どこで透析が受けられるのか。まさに命の保障の問題で、ご心配をされていました。

市は、こうした当事者の声もしっかりと聞き、課題を認識しながら、地に足のついた実行性の高い計画の見直しを少しでもしていくことが大切だと思います。

また、東日本大震災では、女性の性被害や女性ならではの避難所生活での悩み、ストレスなどもあったと言われています。

女性は子育てや介護をしている人も多く、気付くことも多いと思います。

女性の視点から防災のことをしっかり見ていくことも大切だと思います。

現在、私自身も町会の防災専任委員の仲間入りをし、また女性を中心とした防災チームにも入って防災問題への取り組みをしているところですが、

正直、防災のことは考えたら切りがない。でも一つでも二つでも考えて準備をしておくことはとても大切だと思います。

皆さんも今回の防災計画見直しを機に、ご自身や地域での防災への取り組みを見直してみませんか。

そして、市の地域防災計画素案に対し、ぜひ多くの市民の方からお気づきの点について市にご意見を寄せていただけたらと思います。

 

 

 

男性も女性も幸せになれる新しい社会モデルを都政から

子ども・若者・高齢者の安心をつくる都政に

●少子高齢化進む中、新しい時代のまちづくりを都政から応援してほしい

若者の就労支援や保育園待機児解消など、若い人たちが安心して仕事や子育てができる環境づくりや、高齢者の移動支援など高齢者が生き生き元気に暮らせる新しいまちづくりを、都政からも進めてほしいと思います。

●三多摩格差の解消を

区部よりも出生率の高い多摩地域で、都立小児病院の統廃合が行われ、NICU(新生児集中治療室)など八王子での小児医療の拠点を失ったことは、大変残念でした。命の格差、一票の格差など、三多摩格差解消を早期に進めてほしいと思います。

●緑を生かしたまちづくりに

地球温暖化やヒートアイランドが進む中、三多摩地域の緑は重要です。八王子市政では、現在、市街化調整区域の利権にからんだ開発問題が出て来てきています。中核市移行を進めている市ですが、移行後得られた開発権限を活用し、緑の開発も容易にできるようになります。緑を生かしたまちづくりを都政から応援してほしいと思います。

●東京から脱原発を!

政府は経済発展のために、原発を活用する方針です。しかし、福島原発からは今も放射能が出ています。省エネ技術を開発しても、資金力のない中小企業は、その技術を流布できていないのが現状です。東京から、省エネ、自然エネルギー、脱原発を推進し、安心のエネルギー政策を進めながら、産業振興につないでほしいと思います。

 

若尾きみえが都政で進めてほしい政策

子育て支援

・認可保育所の設置を加速。待機児解消策として活用している都の認証保育所制度は、所得の低い人ほど保育料の負担が重くなる応益負担を改め、利用しやすい制度へ

・学童保育の充実・4年生以上の子どもたちの居場所づくり

高齢者支援

・予防医学への取り組みを進め、特養などの施設整備、在宅医療、在宅介護の充実をし、利用者の目線で医療介護の充実

・まちの中から介護予防、サロン活動や高齢者の活躍できるまちづくりを応援

・高齢者の移動支援や空き家対策など、少子高齢化の進展にともなう課題を解決する新しいまちづくりを応援

緑・環境のまちづくり

・東京から省エネ、自然エネルギー、脱原発を推進 安心できるエネルギー政策を進め、産業振興につなげること

・三多摩地域の緑は、都民全体の財産として位置づけ、緑を大切にするまちづくりを都政から応援

こうした政策をレポートにも載せておりますが、さらに紙面の環境で書けなかった政策、障がいがあっても安心して暮らせるまちづくりもぜひ進めてほしいと思います。

ノーマライゼーションを教育の場で推進するとして、特別支援教育を進めてきた都ですが、

現場の実態を見ると、少ない予算の中で、特別支援教育は、地域の思いのある市民を頼りに進めているのが現状です。障がいを持つ子どもたちも増えていますが、育ちの中から障がいを持つ子どもたちを支援し、ノーマライゼーションを進め、障がいがあってもなくてもともに安心して暮らせるまちをめざしていくことが大切です。

障がいがあっても安心して暮らせるまち

・障がいがあっても地域の学校で学ぶことができるよう特別支援教育を充実

・地域の中で生活したり働いたり、自分らしく生きることができるまちと環境づくりをすすめること

この政策もぜひ進めてほしいと思っています。

ついに八王子簡易裁判所にエレベーターがつくことに!

建て替え予定である八王子簡易裁判所新庁舎のエレベーター設置問題が解決することになりました。

市は、エレベーター設置は必要ないとする、最高裁判所に対し、要望書を提出し、強くエレベーター設置を求めてきました。
しかし、裁判所は2階建ての建物にエレベーター設置の必要はないとがんこに突っぱねてきました。

この問題については、本当におかしな話であり、私も国会議員の阿久津さんを通して、情報の橋渡しをし、設置に向けて、最終的に裁判所を変えていけたらと働きかけてきたところです。

市はエレベーター設置をしないなら建築確認申請を認めないという対応を取ることを決め、あくまでもエレベーター設置をする案に計画変更をするよう求めてきたわけですが、ここに来て、ついに最高裁判所からエレベーターを設置すると、市に電話連絡をしてきたということです。

本当に良かったです。

でもそもそも、障害者の方の物理的バリアを解消し、バリアフリー化を推進していく立場にある裁判所が、バリアフリー化に抵抗してきたこと自体がおかしかったのですが・・・。

ちょっと待って!八王子簡易裁判所の建て替え・・・なぜバリアフリー化に裁判所が抵抗をするのか!?

### バリアフリー化を拒む裁判所の建築計画 ###

八王子簡易裁判所の建て替え計画が進行しています。

しかし、2階建の建物は新たな建築であるにもかかわらず、裁判所は、高齢者や障害者の方が利用できるようにエレベーターを設置しようとしません。

国は「エレベーターがなくても、バリアフリー新法や都条例に違反しない。」との見解。

しかし、ユニバーサルデザインを推進してきた市としては、とても看過できない問題です。

### 障害者団体からも改善の要望 市長の要望書提出 ###

障害者団体からもぜひ改善をとの声があり、市としても副市長が、市長の要望書を持って
エレベーターの設置の要請に出向きましたが、あっさりとその気はないとの回答だったとのことです。

なぜ、バリアフリー化をしないのか、障害者や移動困難な方にエレベーター設置をして、合理的配慮をすることは、本来裁判所は率先してやらなければならないことだと思います。

### 市として、意志表明 ###

ぜひ市として、国に改善を求めるようにできないのか。
阿久津さんの秘書にも事情を聞き、何とか、現状を変えられるようにと私も情報の橋渡しなどしてきましたが、

市として、このたび、簡易裁判所の建て替えを計画を変更しない限り認めないとの方針を打ち出すことになりました。

今まで全国の裁判所の2階建てのうち、エレベーターを設置しているのは、町田簡易裁判所のみ。都の条例では、2階建ての建物もエレベーター設置の対象になります。

最高裁の経理局は、都の条例でいう「不特定多数が利用する」ということにはならない。車いすの人が来ても1階で対応できる。法的な問題はないとしています。

でも障害をお持ちの当事者から合理的配慮をしてほしいとの要望も出されている中、あえてエレベーターなしで建築することにどんな道理があるのか、大きな疑問です。

八王子市とても、地方自治体の判断としてぜひ踏ん張って、裁判所を変えさせてほしいと思います。

障害者団体と議員との懇談会を通して・・・ 障害があっても、なくても安心して自分らしく暮らせる行政とまちづくりが必要!

先日の障害者団体との懇談会に出席しました。

会では、障害者施策だけでなく、市政全般に対する考えも聞かせてほしいとのお話があり、
各議員それぞれが自分の意見を述べました。

また、様々な障害をお持ちの方から、それぞれの立場でのお話があり、やはり当事者のお話を聞くことはとても大切だと改めて痛感しました。

いただいたご意見をもとに、今後もしっかりと取り組みをしていきたいと思います。

### 会を通して話題になったこと・痛感したこと ###

◎学校教育において障害のある子どもたちの教育をしっかりとしていくことの必要性

  ノーマライゼーションの推進と特別支援教育の改善の必要性

◎知的障害を持つ人へのえん罪事件を受け、障害者の人権を守っていく取り組みが必要であること

◎議会・行政の情報発信として、障害者への配慮をし、しっかりと情報を届ける取り組みをしていくことの必要性

◎透析患者の方への移動保障の重要性

→これについては、とりあえず、出された請願が通り、一歩前進して良かったです。

◎八王子裁判所の新庁舎のエレベーター設置問題

  障害者の方への合理的配慮については、最も敏感であるべき司法側が、極めて鈍感で人権意識に欠けるという問題!

→この問題は、時間を争う重要課題です。副市長が最高裁判所に出向き、市長名での要望書を出しましたが、良い回答が得られていません。

  こうした事態を踏まえ、私も、阿久津衆議院議員の秘書から国の考え方など事情を聞き、八王子市として改善を求められるよう働きかけを行っているところです。

さらに、懇談後も聴覚障害者の方から

障害者の方が集まって会議をしている場所が、保健センターの建て替え事業に伴い、無くなる可能性がある。
貴重な会議の場所なので、確保ができないのかというお話がありました。

今後、きちんと考えていかなければならない課題だと強く認識しました。

### 遅れている議会・行政の対応 ###

耳の聞こえない方とコミュニケーションする場合には、手話通訳の人か、あるいは、要約筆記をしてくれる方がいないと
スムーズにコミュニケーションはとれません。
(手話ができればもちろん問題ないですが、通常の場合筆談をしても、複雑な話になると筆談のスピードにも限界があります。)

聴覚障害者への情報発信という視点から見ると、議会や行政の情報提供・発信は、まだまだ配慮が十分でなく、課題がたくさんあることに気づかされます。

議会に対し、「障害がある人もない人も、子どもも、公平で誰もが安心して暮らせるまちを実現させるための条例に関する請願」が出され、その審議が行われました。
大勢の障害者の方が傍聴に来ることが予想される中、傍聴者の中に、耳の聞こえない方がいる場合はどうしたらいいかを巡り、議会運営委員会でも議論がされましたが、その対応については意見が分かれました。

議会としても、普段用意していない手話通訳の人か、要約筆記の人を用意して、耳の聞こえない方にも対応をしていく必要性があると感じ、
私は、議会運営委員会の中で、その意見を述べました。当然のことだと思っていました。

しかし、議員の中には、「議会費が少ないから無理をして準備をすることもないのではないか」という発言をする議員もいて、正直認識の差があることにびっくりしました。

結局、聴覚障害者への配慮は行われるべきとして、今回は要約筆記や、手話通訳が用意されましたが、
今後どのようにしていくのかについてはこれからの課題です。

今まさに、議会改革を進めているところですが、障害をお持ちの方への理解と合理的配慮についても、しっかり共通認識を持ち、対応をしていくべきだと痛感しました。

改選後の議会の中での重要課題としてあげていきたいと思います。

### メディアはどうあるべきか ###

そして、今回の懇談会でも、ケーブルテレビでの手話通訳や字幕スーパー付きでの放映をしてほしいとのお話がありました。
確かにケーブルテレビではそうした配慮が取られていません。

ケーブルテレビは、設立当時は、市が出資していた団体でしたが、現在はいっさい出資していないことから、
市が直接関与はできませんが、市としても対応を図ってもらえるよう働きかけ、八王子のことを発信するメディアとして配慮をしてもらえるようにしていくことが重要です。

さらに、ケーブルテレビに限らず、行政や議会のことは、行政や議会が責任を持って、耳の聞こえない方にも伝えられるような発信をしていくことが今後必要だと思います。

### 障害があってもなくても安心して自分らしく暮らせる行政やまちにしていくことがやっぱり必要! ###

障害者のことについて、多くの市民の人は、身近に障害をお持ちの方がいらっしゃらないことから理解を深めたり、合理的配慮をしたりする必要性を感じていない方も多いと思います。
教育の中で分離教育が長年行われてきたことが、その大きな要因だと思います。

長年地域で学ぶことが保障されてこなかった教育政策の中で、心を傷つけられた障害者の方のことや、教育の社会全体に与える影響を考えると、教育におけるノーマライゼーションの推進は極めて大きな重要課題だと思います。

もともと障害をお持ちの方の、日々の困難も大変だと思います。
また中途障害の方については、障害について考えてもみなかった状態から障害を抱えることになり、
まったく障害を乗り越えるスキルがない中、社会の配慮もないとなると、さらに困難をともない大変だと、痛感しています。

障害があってもなくても安心して自分らしく暮らせる社会を創っていくことは、これからの社会全体の大きな課題です。
しっかりと取り組みを進めていきたいと思っています。

「障害がある人もない人も、子どもも、公平で誰もが安心して暮らせるまちを実現させるための条例」に関する請願は採択に。

厚生委員会に出された請願が全会一致で通りました。

請願提出者は何度も条例の勉強会を開催し、市議会にも参加を呼びかけてきました。
私もできるだけ出席できるようにしてきました。

当事者の声を生で聞くことは、やっぱりいい政策づくりには欠かせません。

その勉強会の集大成とも言えるセミナーでは、千葉県の全知事堂本さんご本人のお話が聞くことができました。

堂本前知事のもとでつくられた千葉県の条例、「障害がある人もない人も安心して暮らせる条例」の策定プロセスでは、多くの障害をお持ちの方と健常者のコミュニケーションが図られてきました。

八王子でも多くの市民を巻き込んだ条例づくりを展開していくことがとても条例を制定していくことと同じくらい大切だと思います。

障害をお持ちの方が直面する壁に3つある。一つは制度の障壁、そして物理の障壁、そしてさらに心の障壁。

こうした障壁を解消していく道筋をつけていくことが条例に期待されています。

請願審議の中でも触れさせていただきましたが、
コミュニケーションが豊かになり、心の障壁がなくなっていけば、やがては制度の壁の解消にもつながっていくと思います。

これからの八王子でのノーマライゼーションの取り組みに大きく後押しをする請願の採択となったことはとても良かったと思っています。

でも 一言ごめんなさい。

請願審議の時の私の口調はつい、熱くなり、早すぎました。

要約筆記の方にご迷惑をおかけしました。

今後気をつけます。

市議会で初めての要約筆記の方の配置でした。
私も議会審議の中でもちろん初めての体験でした。

どうぞお許しを。

最初は気を付けていたつもりでしたが。