防災講座に参加して その2・・・足首捻挫の固定包帯のやり方

三角巾は汚染しないように宙でたたむ。

今回、八王子市赤十字奉仕団の方から教えていただいたのは足首捻挫の固定包帯です。

災害時には、1人のお医者さんよりは、1000人の応急処置ができる人がいる方が役に立つとまで言われるほど、応急処置の仕方をしっておくことは、とても重要だそうです。

【足首捻挫の固定包帯のやり方】

●まず、三角巾をたたむ。

 

 

この形にたたんでから固定に使う

実際ははき物の上からそのまま固定するとのこと

 

 

 

 

 

 

●はき物をはいた上から「たたみ三角巾」で固定する。

●三角巾の中央を土踏まずに当て、足首の後ろで交差し、前に回す。

●両端を、土踏まずから足首の後ろへいく三角巾に、、それぞれ内側から通す。引きしめながら、足首の前でしっかり結ぶ。余った端は、足首に巻き付けて結ぶ。

 

 

 

三角巾を汚染しないでたたむ方法は、下記のホームページを参照してください。

http://www.hirane119.jp/atto/04_teate1.htm

三角巾は、薬局で売っていますが、

なければないで大丈夫。

ない時は、ネクタイやスカーフでも十分代用できます。

コメントは受け付けていません。